FC2ブログ
TOP会員規約

このカテゴリーの記事



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

会員規約
会員規約

・本規約は、サイト運営者(以下乙)が提供する情報を会員(以下甲)が閲覧する際の、甲と乙との間の関係における条件を定めるものとする。

第1条 目的
・当会は、乙が運営するサイトの情報を、甲が望む場合に閲覧購読できることを目的とする。

第2条 サービス内容
・当サービスは、乙が自己の利用のために作成した日経225先物寄り引けシステムにて機械的に算出したシグナルを、システムトレードの研究及び学習を主目的とする為に掲載するものであり、投資勧誘目的や投資判断を指示するものではありません。

第3条 本規約等の変更
・乙は甲の了承を得ること無く、本規約を変更することが出来るものとする。

第4条 運営サイトの内容変更及び中止
・乙は、事前通知なしで一時的又は永続的に活動内容を変更又は中止をすることができる。この場合、経過していない会員期間の会費は日割り返還をもって終了とする。 但し、発生した損失及び不利益について、乙は責任を負わないものとする。

第5条 会費
・会費は月額10,000円とする、また、振込手数料は甲が負担するものとする。
・乙は事前に通知すること無く料金体系を変更できるものとする。 また入金された会費は一切返還しないものとする。

第6条 会員資格
・「会員」とは、当会の規約等の内容に同意し、乙が定める所定の手続きに従って入会を申し込み、乙が入金を確認をして入会を承認した者とする。

第7条 会員の資格期間
・会員の資格期間は毎月初日から末日までとする。

第8条 会員資格の継続
・甲は、会員資格の継続を希望する場合は、毎月末日までに翌月分の会費を納入し、乙が入金を確認をした上で会員資格の継続を承認して翌月末まで継続される。

第9条 会員情報の守秘義務
・乙は以下の場合を除き、甲の了承を得ずに甲の個人情報について、他人に開示しない。
1.法的根拠に基づいて請求された場合。
2.金融機関から要請があった場合。

第10条 禁止行為
・甲は、当会の運営において以下の行為をしてはならない、また、乙は、甲が以下の行為を行う可能性があると乙が判断した場合、当該行為を差し止めるために適切な措置を講じることができる、その際の費用は甲が乙に弁済するものとする。
1.乙配信の情報内容を第三者に対し、公開及び営業目的として使用した場合。
2.公序良俗に反する行為。
3.乙についての悪質な暴言、中傷などの行為
4.乙のサイト運営に対し不利益を与える妨害行為。
5.その他、乙が不適当と判断した場合。

第11条 免責事項
・乙又は甲の通信機器等の障害、サーバの異常などにより、閲覧できない状況が発生した場合において、甲が不利益を被っても乙は一切の責任を負わないものとする。
・乙の病気・疾病・事故又はその他の個人的都合により、サービスの更新に遅延・中断などが生じ、甲が不利益を被っても乙は一切の責任を負わないものとする。
・当サービスにおいて、サービスの内容に誤りがあった場合についても、理由の如何にかかわらず一切の責任を負わないものとする。
・甲が当規約に違反し乙に損害を与えた場合、乙は違反者に対し損害賠償の請求をおこなう事ができるものとする。

第12条 損害賠償の請求
・甲が本規約に違反し乙に損害を与えた場合、乙は違反者に対し損害賠償を請求することができ、訴訟の必要が生じた場合、当方の所在地を管轄する裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とする。

金融商品取引法第2条第8項第11号の除外規定の適用について
・当サービスはインターネットを利用した、システムトレードの研究及び学習を主目的としたサービスです。 不特定多数の方々が随時閲覧可能な情報に関する電子出版であり、投資助言業ではございません。投資に関しての最終判断は必ず個々の責任にてお願い致します。
・サイト内の情報はいかなる理由にも関わらず無断での一切の転載、転用、転売を禁止いたします。
スポンサーサイト

カテゴリ:会員規約
| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。